幼児、幼稚な事(簡単なメモ

・知ったかぶりは幼児性から・受け売り申して鼻高致せば、徳落とし、人離れるのぞ。伝えさせて頂く学び。・鼻高の天狗(まだまだ幼い)(ちなみに頭でっかちは「口ばかり達者。」であり、「口ばかりは皆に笑われる癖。」)・自己中心的な物であるほど、自己…

宇宙について(メモ

宇宙について箇条書きで・三次元宇宙がある・無数に存在する・幾何学的に配置されている・球体ないしドーナツ型に閉じ込められたような状態(列状あるいは螺旋状に並んでいる)・この宇宙の始まりは100億も経ってない(幼い宇宙)・宇宙は8個(この地球が所…

アセンションとは(メモ

アセンションしたありかたとは・自分もほかのすべての存在も赦し、受け入れること・「思いやり」、「受容」というこの二つの気づきと感情をたずさえるこれがアセンションした意識状態。さて、妙にアセンションという言葉がめちゃくちゃな意味合いになってい…

祈り(メモ

祈る(祈り)とは感謝の念をたむけること。また感謝とは有り難いと思う気持ちを表すこと。またその気持ち。となると祈りとは、・感謝(ありがたい)という念(気持ち)を表すとも言えるかもしれません。漠然とありがたい(ありがとう)と思ってもこれは言葉…

アセンション(上昇)したあり方(メモ

自分もほかのすべての存在も赦し受け入れる事、思いやり、受容というこの二つの気づきと感情をたずさえたアセンションした意識状態。第三の目醒めから、第四の目覚めへと移行することが今の人類のアセンションとでもいいましょうか。第三の目醒めは外部世界…

言葉・音靈について(私見

何気なく使っている言葉ですが、大日月地神示に書かれている通り、靈界と人間界との間に言葉があり、音靈であります。響きの中に思考と感情すべてが込められています。同じ「はい」でも響き次第で感情が見えて来るかと思います。不服そうな「はい」や、うれ…

磁気的法則について(メモ

電気と磁気のバランス。陰(マイナス)と陽(プラス)と言うべきか。この磁気的法則、引き寄せの法則の具体例とでもいいましょうか。愛に満ちた人間関係を望むなら、愛に満ちた人間関係の波動を意識の中に保持する必要があります。しかしながら、もし今、現…

靈視、靈聴、チャネリング(メモ

gettr.com タイミングよく神人さんがこのような神人靈媒日記を書いてくださっております。個人的にも靈聴については日々頂いておりますので参考になっております。また、続・大日月地神示より神世の仕組みも参考になるかと思います。「世のため人のためと申…

頭でっかち(メモ

頭でっかちという言葉があります。頭でっかちな文明というとアトランティス文明。なんとなく分かるかたもいらっしゃるかと思います。頭「思考」により過ぎているとも言えるのかもしれません。「感じる」から遠く離れたとも言えますし、感じるから遠ざかれば…

人類が進化するための機会(視点

今回は神示からではありませんが、色々と情報を追った方々向けかもしれません。①人類のが精神神経系のプロセスに作用する「宇宙エネルギー」に関するものがある。②太陽の活動と地場の変異、地球磁気圏との相互作用からくるものもある。③天の川銀河の中心で発…

自分自身を知る学び(視点:人間関係

人間関係は重要な事の一つであります。神示でも和、理解など色々書かれております。人間関係で求められているのは、人々との明確で誠実な関り。みずからの体験に正直であると同時に、自分の要求や願望を率直に伝えていくことが大切。であるようです。正直で…

共感的知性(メモ

人間の心には共感的知性がある。共感的知性のある人は、自分たちが生きている生態系そのものを破壊することの愚かしさと非道さを良くわきまえいます。これが共感的知性の一番の特徴であり、「明瞭な一線」です。進化の観点から言って、これが認識できない者…

アストラル界とエーテル界(視点

アストラル界(4次元)(神示でいうなら恐らく幽界、霊界付近でしょうか)エーテル界これが所謂これから向かう先でしょうか。ちなみにアストラル界が第三の目(第六チャクラ)。エーテル界がクラウンチャクラ(第七チャクラ)。でアクセスするようです。と…

ひふみ神示から見る一つの国、心々の国(視点

「世界丸めて一つの国にするぞと申してあるが、国はそれぞれの色の違ふ臣民によりて一つ一つの国作らすぞ。その心々によりて、それぞれの教作らすのぞ。旧きものまかりて、また新しくなるのぞ、その心々(こころこころ)の国と申すは、心々の国であるぞ、一…

怒りについて(視点

・怒りは整合性を欠いた感情・感情体に整合性のない感情が保持されていれば、高次の意識に到る螺旋には共鳴できない!・怒りはエネルギーの空費・怒りをもってできるのは自己の成長を阻止することだけ個々最近の情勢について思うこともありましたので、怒り…

時間について(視点、メモ

・時間は実際には螺旋状のもの(直線状に進むわけではない!!)・多次元的な性質を有している・しかし、直線的な時間の計測単位や計測システムを用いた瞬間、自身の知覚作用はその影響を受けてしまう!人の真実の時間として、時間の性質には三つの性質ない…

指導靈、近親靈(メモ

https://www.facebook.com/groups/kamihito1111/posts/5021094434674090/ https://www.facebook.com/groups/kamihito1111/posts/5024368067680060 GETTERの方には片方御座いませんのでFACEBOOKより。今回指導靈や近親靈について学べる事が多くあることが書か…

愛とは(簡易メモ

愛について少々思うことがありましたのでメモとして、・笑顔は他を和ますことが出来る「目に見える人類共通の愛の形です。」(神人さんの一陽来福より) ・理解いたそうと努めるが真の愛、〇(はたらき)であるのじゃ(大日月地神示後巻より二十七より) 確…

新たな神示を読んで(心のひみつ)

gettr.com 将来的には心とは何か?が分かっていく未来となるようです。個人的にも心とは何かを色々と調べ、学んでおります。祈りについては大日月地神示後巻十七に書かれていたりします。「祈るとは感謝の思い込め生きることぞ。」では感謝とは?になるかと…

宇宙について(視点

・三次元宇宙(地球のある宇宙/無数に存在する宇宙の一つ)・天の川銀河(地球のある宇宙の「何千」という「銀河の一つ」)(それぞれの銀河は他のあらゆる銀河とのあいだに三次元的な空間関係を有している)超空間≒非物質的「非物質的な世界」は「空間」に…

放射について(視点、スターシード)

放射について・もっとも単純な形において「放射はエネルギー」で、「それ自体に知性があります。」・放射は性質・放射はその人の「ありかた」や「ふるまい方」となって外に現れる!その世界の人間としての個人が示す性質とは異質だったり、もしくは正反対だ…

意識の拡大について(メモ

「ここで私が得られるものは何か」から、自分自身の「必要」や「願望」という意識をシフトさせ、「この状況に少しでも良い結果をもたらすために、私にできることは何か」に転じることで自分自身の意識は進化する。「自分個人」の要求のみに専心していたのが…

理解について(視点

理解とは何なのか意味を見ると・物事の道理や筋道が正しくわかること、・意味・内容をのみこむこと・他人の気持ちや立場をさすることになります。人はみな捉え方が違うのは間違いありません。「思い」のままとも言えます。知ることは理解を求められることで…

大峠(視点)

4月7日の神示を読んでおりましたが、色々知識、経験、直感、インスピレーションから見ると。地球の周波数が上昇し、地球のすべての存在も高次元への扉を通過すると、その結果としてカルマの負債はたいへんな超スピードで「清算」されることになります。色々…

愛とは

愛、特に三次元だと理解しにくいのではないかと思います。愛おしいの意味は大事にして、かわいがるさま。愛するはかわいがり愛しむ・真の愛は学ばせ成長させることでありますのじゃ・理解致そうと努めるが「真の愛」、はたらきである!!・真、善の道、他、…

鏡(簡単なメモ

鏡について。大日月地神示、続大日月地神示、ひふみ神示共に出て来るこの鏡。鏡、カ・ガ・ミ、カミ、神心となりなされ。この言葉が続大日月地神示には書かれています。少々気になっておりましたが、眼鏡、眼鏡外すとは洗濯すること目は心のすべてを映す鏡悪…

執着について

執着について少々まとめてみました。執着という言葉の意味を見ると・心をとらわれて、そこから離れられない・強く心をひかれ、それに囚われるそこから囚われるの意味も加えると、・固定した価値観や考え方などに心が拘束されるといった意味があります。 ・過…

選民意識(選民思考)について

「悪魔らの洗脳にかかりし者らは、生命(いのち)殺めること正義といたし、選民意識に囚われておるぞ。元からある仕組みに、選民意識は無いのであるぞ。」「我良しの悪自由に飼い慣らされて、子や孫の喜び育む真の喜び分からんようになりておりますぞ。」「…

善と悪を考える

「今の人民分からんのも無理ないなれど、世を治めるとは力ある者支配することであるが、力を人民のために使える者か、己らのために使う者かで、世は善にも悪にも変わるのじゃ。今までの人民の世は、己らさえ良ければ良いと力見せつけ奪い取る仕組みいたす、…

地球について(視点

「この地は新たな御魂らの光、善き波動、新たな周波数に切り替わるのであるぞ。」このように神示でも書かれていますが、 新しい波動への移行古い地球から新しい地球への変遷(かつて人類が体験したこともないほど「エネルギーが激しく変動する時」)新たな「…