ひふみ神示から見る一つの国、心々の国(視点

「世界丸めて一つの国にするぞと申してあるが、国はそれぞれの色の違ふ臣民によりて一つ一つの国作らすぞ。その心々によりて、それぞれの教作らすのぞ。旧きものまかりて、また新しくなるのぞ、その心々(こころこころ)の国と申すは、心々の国であるぞ、一つの王で治めるのざぞ。天つ日嗣の実子様が世界中照らすのぞ。国のひつきの御役も大切の御役ぞ。道とは三つの道が一つになることぞ、みちみつことぞ、もとの昔に返すのざぞ、つくりかための終りの仕組ぞ、終は始ぞ、始は霊(ひ)ぞ、富士、都となるのざぞ、幽界(がいこく)行きは外国行きぞ。神の国光りて目あけて見れんことになるのざぞ、臣民の身体からも光が出るのざぞ、その光によりて その御役、位、分るのざから、みろくの世となりたら何もかもハッキリして うれしうれしの世となるのぞ、今の文明なくなるのでないぞ、たま入れていよいよ光りて来るのぞ、手握りて草木も四つあしもみな唄ふこととなるのぞ、み光にみな集まりて来るのざぞ、てんし様の御光は神の光であるのざぞ。九月二十と一日、一二か三。」

人類は一つの全体であるという見方があるようですが、
地球人の対立抗争には歴史的な背景のみならず、
それぞれの地域ごとに支配的な異星人の遺伝子系統が異なることで、いっそう激化しているケースがあるようです。
地球人類には互いに相容れない派閥があり、
それらは文化、宗教、政治レベルで異なるというだけでなく、
文字通り遺伝的にも正反対の立場にあるようです。

文明の違いが歴史的な背景のためだけでなく、それぞれ異星人の遺伝子ルーツが異なるからだと認識すれば上記の文が色々と見えてくるのではないかと思います。

ここからどこに向かっていくかは遺伝子系統によって異なるということみたいです。
アルクトゥルス人より地球人へより抜粋)

この辺神示を見ても書かれているように感じます。

さて、国々によって間違いなく、文明とも言えるのかもしれませんが、
それぞれの因縁因果の解消があるかと思います。
今の日本の状態もその文明による因縁因果であるという視点もあるかもしれません。

怒りについて(視点

・怒りは整合性を欠いた感情
・感情体に整合性のない感情が保持されていれば、高次の意識に到る螺旋には共鳴できない!
・怒りはエネルギーの空費
・怒りをもってできるのは自己の成長を阻止することだけ

個々最近の情勢について思うこともありましたので、
怒りについてとても簡単な視点を記しておきます。

上記の怒りの視点を見ると分かる通り、
足を引っ張るという事にもつながるかと思います。
また、長引かせるという視点もあるかと思います。

時間について(視点、メモ

・時間は実際には螺旋状のもの
(直線状に進むわけではない!!)
・多次元的な性質を有している
・しかし、直線的な時間の計測単位や計測システムを用いた瞬間、自身の知覚作用はその影響を受けてしまう!

人の真実の時間として、
時間の性質には三つの性質ないしレベルがある
①生物的時間(すなわち有機的性質の時間)
・体、呼吸、脈、鼓動などリズムのこと
「生物的現実すべてにおける複雑なリズム」

ピックアップとして
時計時間とは
機械的な時間
・時計は時間を順次的に(部分的かつ細切れに)計測する目的で発明されたもの
※すべての人間社会で人は生物的叡智ではなく機械的に計られた時間にしたがって生きる事になるこのことは個人に膨大なストレスを生み出している!
生物的レベルから見れば非常にストレスの多いこと!!
人を生物的叡智から切り離してしまうからです。

②月の時間(自然のリズムに沿って生物的な時間を計っていくと月の時間がある)
・おおよそ一年間に満月が十三回めぐってくる
月の運行に合わせた時間は、グレゴリオ暦よりも有機的で事実に即した時間の計測方法である。
※一年を十二か月とするグレゴリオ暦は月の生物的な時間感覚から人を切り離すために作られたもの(詐欺行為)
つながりを断ってしまったので、人類の意識を地球の「大いなる母」の気づきから引き離し、抽象概念の世界へと結びつけた。

グレゴリオ暦で時間を図る時、人は文字通り本来の時間の流れと同時性を失っている
・体のリズムを反映するものでもなく
・地球のリズムを反映するものでもない
本来の時間は、月の位相に立ち戻ることで知覚される

③銀河レベルでの時間感覚
大いなる中心太陽と各銀河との関係にもとづく、さまざまな流れや相互作用から来ている(各銀河とアルシオーネ銀河の太陽との関係)
これはまだ人類にはほとんど知られていない時間のレベル

今回は視点でありメモになります
新・ハトホルの書より

指導靈、近親靈(メモ

https://www.facebook.com/groups/kamihito1111/posts/5021094434674090/

https://www.facebook.com/groups/kamihito1111/posts/5024368067680060

GETTERの方には片方御座いませんのでFACEBOOKより。
今回指導靈や近親靈について学べる事が多くあることが書かれていると思います。

嬉しいことも書かれており、
身が引き締まる思いの事も書かれております。

これらが理解できれば、
他の星の方々のメッセージに書かれている「共同創造」というのがなんとなく理解出来てくるのではないかなと思っております。

愛とは(簡易メモ

愛について少々思うことがありましたのでメモとして、
・笑顔は他を和ますことが出来る
「目に見える人類共通の愛の形です。」
(神人さんの一陽来福より)


・理解いたそうと努めるが真の愛、〇(はたらき)であるのじゃ
(大日月地神示後巻より二十七より)

確かに深いな表情をしている人などを見ると
やはりネガティブな感覚があるのは事実です。
後口だけの方、こういった方も割と分かりやすいかと思います。
念言行一致が必要であります。
口だけというのは特に多いかと思います。

「言」と「行」の一致は割と簡単に出来るかと思っております。

新たな神示を読んで(心のひみつ)

gettr.com

将来的には心とは何か?が分かっていく未来となるようです。
個人的にも心とは何かを色々と調べ、学んでおります。

祈りについては大日月地神示後巻十七に書かれていたりします。
「祈るとは感謝の思い込め生きることぞ。」
では感謝とは?になるかと思います。
当然人は捉え方が違いますので感謝という概念を知るのに、
神人さんの一陽来福を読むのが良いかとは思います。
「知る」「理解する」から「感謝」へと繋がっていきます。
知らなければそもそも感謝もありません。
知るからこそ人の気持ちが分かるとも・・・。

口だけにならぬよう、念言行一致がこれからもっと必要になっていくかと思います。

宇宙について(視点

・三次元宇宙(地球のある宇宙/無数に存在する宇宙の一つ)
天の川銀河(地球のある宇宙の「何千」という「銀河の一つ」)
(それぞれの銀河は他のあらゆる銀河とのあいだに三次元的な空間関係を有している)

超空間≒非物質的
「非物質的な世界」は「空間」によってではなく、
「思考」と「感覚」が結びついた精妙な意識特性によって決まる。

「超空間(非物質的)から三次元世界へは、シリウスのような扉(ポータル)ないし入口を通るか、ある物質自体の基層を通って入る」

宇宙は幾何学的に配置されている。
超空間的(非物質的)な見方では、
それぞれの宇宙がある種の「球体」ないし「ドーナツ型」に閉じ込められた状態!!
それらは、「列状」あるいは「螺旋状態」に並んでいる。
方法さえわかれば別の宇宙にポンと飛び込んだり飛び出たりすることもできる。

ハトホルの宇宙は
「非物質的」で主として、
「エネルギー」と「光」と「音」からなっている!!
人類が「三次元世界」で体験するような物質は基本的に存在しない。

今回視点として新・ハトホルの書よりまとめてみました。
宇宙について何かしらの手掛かりになればよいかと思います。