改心一等

最新の神人霊媒日記で三千世界の大立て替え立て直しの時が書かれております。
そのなかで「みなみな改心一等であるぞがすべての答え」ということで。
実際改心という言葉を見てみると、
改心=今までの行いを反省し、心を改めること。
改=新しいものに替えること
反省=自分のしてきた言動をかえりみてその可否を改めて考えること
省=振り返って考える
意味を一つ一つ考えてみると見えてくる答えが有るかと思います。

改進=物事が改まり進むこと(古い物を改めて、文明を進ませること)
快心=気もちのよいこと

一つの視点として記しておきます。

大日月地神示「な」の巻を読み思う事

個人的に「用意」している事が多く書かれている「な」の巻。

「火の起こし方、水の汲み方、食べ物も皆々、それぞれどこでも生きてゆけるよう、何事起きても対処できるよういたし下されよ。都会は、不便じゃなあ。今に都会、人消えるぞ。みな土に奉ろうぞ。清水に喜び奉ろうぞ。これ皆、例えではないぞ。世の礎となる、人と人の結び、しっかり練り直して下されよ。金はもう要らんのであるぞ。要る世はとうに過ぎておるのじゃから、いつまでも金にしがみついておっては、次の世では暮らせんぞ。この神、人ともなるぞ。何にでもなれるのじゃぞ。靈人どの、靈媒殿、皆この神分かる者おらんぞ。言靈、色靈(いろたま)、数靈(かずたま)、音魂(おとたま)、皆々光り輝く宇宙の理(ことわり)でありますぞ。籠の中の鳥は、十理(とり)でありますぞ。十から十二となるぞ。十三ともやるやしれんぞ。これ皆、宇宙(かみ)の昔から変わらぬ理(ことわり)ぞ。大神の御心ぞ。」

他にも「保存(うけもち)の神様」も書かれており色々と考えることは多くあります。

ひふみ神示より「第二十帖 (一〇〇)

今のうちに草木の根や葉を日に干して貯へておけよ、保持(うけもち)の神様お怒りざから、九十四は五分位しか食べ物とれんから、その積りで用意して置いて呉れよ。神は気もない時から知らして置くから、この神示よく読んで居れよ。一握りの米に泣くことあると知らしてあろがな、米ばかりでないぞ、何もかも臣民もなくなるところまで行かねばならんのぞ、臣民ばかりでないぞ、神々様さへ今度は無くなる方あるぞ。臣民と云ふものは目の先ばかりより見えんから、呑気なものであるが、いざとなりての改心は間に合はんから、くどう気つけてあるのぞ。日本ばかりでないぞ、世界中はおろか三千世界の大洗濯と申してあろうがな、神にすがりて神の申す通りにするより他には道ないぞ、それで神々様を祀りて上の御方からも下々からも朝に夕に言霊がこの国に満つ世になりたら神の力現はすのぞ。江戸に先ず神まつれと、くどう申してあることよく分かるであろがな。八月の二十七日、のひつ九のか三。」

やってることはこの2つになるかと思います。
木の根など考えると葛でしょうか?
物凄い雑草らしいです。
ただこれ加工するのが割と大変そうではあります。
(ハンマーが必要です)

意外と田畑の準備や田舎に引っ越したりと色々と動かれている方がちらほらと見えてきたような気がします。

大日月地神示前巻を音読してみるとさらに知識が深められる!(いろは祝詞とは!?)

実際、「今」音読し直してみると新たな視点、見方を得ることができています。
元々ひふみ神示から入りましたので、
そちらを音読している最中は、
ひふみ祝詞、いろは祝詞を毎日祝詞しておりました。
今も行っておりますが、
前巻の「さ」の巻に意味が書いてありました。

「うゐのおくやまけふこえてあさきゆめみしゑひもせすん。これからのことでありますぞ。うゐのおくやまとは、この方の元へ歩み寄り花咲かす心の元でありますぞ。けふこえてあさきゆめみしゑひもせすんとは、苦の花咲きうれしうれしの思いに至(いた)る至福の地上世界(せかい)にそれぞれみな生まれ変わり、末代貴いお役目にいたりますことへの祈りの意でもありますのじゃ。このこと、ウの大神様の古(いにしえ)」の大いなる写しの世の清美でありますのじゃ。」

いろは祝詞
「いろは、にほへとち、りぬるをわかよ、たれそ、つねならむ、うゐのおくやま、けふこ、えてあさき、ゆめみしゑひもせすん。」

大日月地神示前後巻、音読で得られる効果

gettr.com

今回前後巻、音読で得られる効果というのが書かれております。
個人的に実は「後巻」ばかり音読していて、
「前巻」は一度だけしか読んでおりません・・・。
ということで、
前巻を手に取り音読したところ、
少々目が潤むような時がありました。
そう考えると前巻を読んでみることもデトックスにおいては有効なのかなと思っております。
基本は後巻で良いようです。

さて読んでみるとなかなかなるほどな!!というのも出てきます。
岩もの言うときですね(磐座のネットワーク)。
「このこと分かる者一人しかおらぬなれど」
実際見てみると実に物凄く面白いなと感じております。
「なるほど」と理解が出来てくる感じであります。


「綺麗さっぱりいたして、地に頭つけて祀ろうて下されよ。土下座せねばならんのかとご立腹なされます方、慢心極まりないのう。地に頭つけるとは、神の御身体に、頭をつけることでありますぞ。足元、神ぞ。地の大神の御身体であるのぞ。何も恥ずかしきことではないのぞ。地に頭つけられぬそなたの心のありようが恥ずかしきことぞ。真分からず、偽りごと真と思い込んでおいでじゃ。分かりたか。」
(大日月地神示後巻五十より抜粋)
できうる限り、日々地に頭つけて祀ろうことをお勧めします。
個人的には毎日毎日やっております!

魂について(メモ

魂とは、
時空を超えた靈意識の別次元、
心の世界に棲んでいるものである。
貴方が会いたいと想い、相手も会いたいと思えば、
魂が転生していない限りいつどこでもどんな形でも霊人とは繋がることが出来るもの。

「心の中に多重次元の世界が在りますぞ。靈体の中に、更なる靈体が在り、また更なる意識体が幾重にも在りますぞ。生きとし生けるものすべてが、靈体であり意識体で在り、すべてはそれぞれの氣で繋がりておりますのじゃ。」
(大日月地神示後巻六十一より抜粋)

靈体が強くなるためには

・たくさん笑うこと
・心配しないこと
・頑張ると決めること
・助け合えば良いこと
・分け合えば良いこと
・仕事をしなくても良いと思うこと
・誰かが何かをしてくれたら、今度は自分が何かをして喜んでもらえば良いこと
・どんどん良くなってゆくと信じること
(神人霊媒日記 2020.4.6より)

思考が健康を司る仕組みに体は出来ている。
心が大きなカギとなり変化を与えている。
「異次元の思考を脳が受信し即座に肉体に反映されている」
ということで、肉体と心の関係。
この「心」というのが何かというのを良く知る必要があるかとは思います。
「心」とは己が頂く「念」の容れ物。
「心の中」とは靈意識

笑う門に福来るとは、「心豊かになることぞ。」
心満たされてゆくこと。
(笑うとは、過去、現在、未来を笑うこと)
色々とピックアップしてみました。

思考についてのまとめ(2021.9.12)

まず思考という事を理解することがとても大事になります。
思考とは何なのか!?
ということを理解するのに役立てて頂けたら幸いです。
・靈界とは思考の世界
・思考(靈界)は元より在るものがそなたに流れて来ておる仕組み
・思考を司る機能である脳
・思考は異次元世界の生きもの
・思考がすべてを生み出す
(この世もあの世も皆々、思考が顕れる)
・言葉は思考を選ぶこと
・思考は靈と関わる所
・「思う」の前に「思考」が与えられ、「選ぶ」という段階にある
(思考は予め用意されてあり、己は思考を選択するのみである)
・あの世ではそれぞれの「思考」が「空間」を生み出していて、それぞれの価値観相応に存在している(スポーツ、音楽などのように趣味など)
・物事の顕在化には思考が元としてある
(すべてには必ず誰かの思惑がある、目の前の事象の思考の出所は良き存在達によるものか/悪しき存在によるものか)
(個人的に分かりやすく書くならば、
現在のQの話しをいうならホワイトハット(良き存在によるもの)、ブラックハットでしょうか(悪しき存在によるもの。
あくまでも分かりやすく書いているだけでそのような捉え方をすると漠然と理解しやすいかもしれません)
・自身にあらわれる思考には大きく3択ある
①古い思考=保守的であるが悪癖と言える
②新しい思考=革新的であるが進化でもある
③傍観する思考=流動的であるが悪癖に負ける
・思考は移り変わる景色
(その時々の思いの因果として顕れ続けるのみ)