アセンション(上昇)したあり方(メモ

自分もほかのすべての存在も赦し受け入れる事、
思いやり、受容というこの二つの気づきと感情をたずさえた
アセンションした意識状態。

第三の目醒めから、第四の目覚めへと移行することが今の人類のアセンションとでもいいましょうか。
第三の目醒めは外部世界との関り(まさにそのまま)
他者や人々との関係、外界やあなたの属している集団などに関する意識。
(さまざまな力関係や人間関係をうまくこなして生きる。
社会や法律は、第三の目醒めの意識レベルに対する自覚や認識、さらにそれを
前提に要求される事柄へ用意をもとに成り立っている。)

第四の目覚めは超個人の領域への意識の移行を言う。
人類の大半が「自分の個人的な世界にとらわれ、自分の"欲望"や"願望"あるいは"空想"を満たすことにはまり込んでいる。いうなれば、
各人が自分の道をひた走り、それ以外のことはほとんど気にかけていないように見えます。」

さて見て分かる通り、「超個人の領域」です。
「我さえ良ければそれで良い。」は今後この地球に居られない道理であります。
個人を超えたところにいないといけないといったところです。
活かしあうや理解し合う、認め合う。
他にも色々とありますが、(当然自然環境もです!動物草木虫けら全て)
アセンションって・・・!?
ということの参考になるメッセージかと思いメモとして置いて置きます。