自分自身を知る学び(視点:人間関係

人間関係は重要な事の一つであります。
神示でも和、理解など色々書かれております。

人間関係で求められているのは、
人々との明確で誠実な関り。
みずからの体験に正直であると同時に、
自分の要求や願望を率直に伝えていくことが大切。
であるようです。

正直で明晰な意識があれば、
自分自身の「愛情」や「思いやり」にかけた部分がたちまち明らかになります。
なぜかと言えば、
「人はあなたの気持ちを逆なでするものだからです。」
したがって、
人と関われば摩擦やもめごとといった相当の不快感、さらには苦悩すら引き起こす可能性があります。

ほとんどの人が、
自分の感情を切り捨てたり、
真実を言わなかったり、
本当の意図を「自分」にも「相手」にも隠したりして「不快な状況を避けています。」

その結果、本来なら意識が水晶のように澄み渡って明晰になる絶好の機会であるにもかかわらず、どんより曇った意識になってしまうのです。
残念なことに、そうした除隊が人間関係において頻繁に経験されています。

実際、いい悪いのレッテルを貼り過ぎて「罪悪感」なんてものを押し付けられております。この辺は「悪自由悪平等」が関わってくることの一つであります。

所謂本当の自分を隠している人がほとんどである、
また摩擦を避けるために真実を言わない。
「八方美人」とかはよくあるかと思います。
念言行一致にはやはり「真の自分を認める学び」が間違いなく重要です。
そこから変容させるにもまずは認める事。