成りすましについて(簡易メモ

成り済まし。
卒業する事の一つに挙げられております。
さて、大日月地神示後巻内でも成り済ましの文がいくつもあります。

では「成り済まし」とは何なのかというのを少々ピックアップしてみたいと思います。
・分かる振りでは、成り済まし、「嘘つき」ぞ。
(分からん者は、いつまで経ってもあっちにふらりそっちにふらりの「放浪癖」ぞ。
腹決めて学ばねば、「口ばかりの頭でっかち」じゃな。
生き方実らぬ、あてのない根無し草となりますぞ。)
・善に成りすまし「口ばかり」良きよう申して、「行い伴わぬ御魂」魔物に操られておると思いなされ。(嘘つきは魔物の容れ物に好かれる)
・外国御魂に成りすましておいで
・頭でっかちの成りすましは恥ずかしいのであるぞ。
(仮面被りて嘘ぶれば、己でない者成りすまし歩く道に等しいぞ。)
・靈も成りすまし多いぞ。神、仏、天使じゃと申して現れるものは、九分九厘ペテンであるぞ。
・己の中に成りすまして、出入りする魔に勝つこと

「分かる振り」は恐らく九分九厘の人たちが行っているでしょう。
その様な社会仕組みであるとも言えますが・・・。
分かる振りをやめると分からないということを堂々と相手に伝えることになります。
(人の知識では分かっている事の方が少ないのですが・・・本質は靈人なので)
正直正直に生きれば、それなりの反応が相手から出て来ます。
しかしながら全ては記録され、全て見られていると思えば考え方は変わるでしょう。

念言行一致を目指すことが一つのポイントであるのは間違いないかと思っています。