癖について(簡易メモ

新たな神示が降ろされております。

神人-kamihito-/日本 on GETTR: 【神人靈媒日記 2022.1.14】 〜続 大日月地神示/神世の仕組み①〜 世のため人のためと申し、私利私欲満たす者、善の仮面被りた悪と申すのぞ。九分九厘は善の悪であるぞ。己の欲、どこからのものじゃ。よくよく問うてみなされ。靈性とは、欲の質、問われることぞ。己と思い込み、悪しき靈のしもべと化して、心に同居しておる者、多いぞ。靈媒ばかりと違うのでありますぞ。思考、感情の出所知らねば、操り人形じゃなぁ。新たな世に生きるには、己を知らねばならんぞ。正しき教えに寄り添えよ。ここぞと見たら、心して学びなされ。ふらりふらりは根無草。風に吹かれ飛んでゆく風船じゃなぁ。それでは信用得られんぞ。どこに行っても淋しき者となるのぞ。みなみな己の在り方、顕れておるのじゃ。他、悪く申すでないぞ。己の癖からぞ。長年の癖、顧みよ。正せよ。ひねくれて、自暴自棄になるのは、ただの幼児性じゃ。未熟ゆえぞ。赤子心となるは、意味取り違えるでないぞ。悪しき癖、放ったらかしは毒と化すぞ。心も体もみな、癖から病むのじゃ。故に顧みよと申すのぞ。悪自由は病の元ぞ。植え付けられた癖、手放すが人民の修行じゃ。苦しいぞ。辛いのぞ。それは思い込みじゃ。嬉しいのぞ。ようやく終わる故、喜びでありますぞ。己に言い聞かせなされ。うれしうれしたのしたのしありがたいありがたいと、何度でも申して、癖、手放せよ。楽になるぞ。どんどん変わるのじゃ。

 

④までありますので是非神人さんのGETTERから確認されると良いかと思います。

霊性とは、欲の質、問われることぞ。
ということで、
この欲の質は途轍もなく重要であるのは間違いありません。

今回は「癖」。
簡単に大日月地神示後巻より文章をピックアップしてみると。
・分からん者は、いつまで経ってもあっちにふらりそっちにふらりの「放浪癖」ぞ。
・悪食、癖にいたすでないぞ。
毒喰らう癖、悪魔らにしつけられて、喜んで病になっておりますぞ。
食べ物、己に見合う物頂くが真でありますぞ。
・御魂相応、
・身体相応、
・時期相応、
・土地相応じゃ。
食い過ぎる出ないぞ。病の元であるのぞ。
毒食えば苦しくなってまいりますぞ。
少量じゃと申しても、
毒は少しでも毒ぞ。
薬となる毒とならぬ毒とありますのじゃ。
毒と薬は異なりますぞ。
私見的に言えば、この辺は色々と多面的に捉えることが出来るかと思います。
食い過ぎるは、過ぎる事悪自由とも書かれておりますし(後巻二十七に書かれております。
今の薬(特に西洋薬)は薬なのか?(某ワクワクをみればわかるかと思いますが)
さらに言えば、続大日月地神示の言靈にも面白いことが書かれております。
毒、作り使うでないぞ。毒、薬と申すは、使い方理解出来ておるお方だけぞ。万民には毒であるぞ。))
・苦しむ癖
・自滅に追い込む癖
・迷いは癖からぞ。恐れは過去の染みぞ。能書き申すは知識の埃じゃ。
・怒りに慣れると他を悪者にいたし、不和広げること、
己を正当化する癖、ますます大きくなるのじゃぞ。

簡易的にですがまとめてみました。