次の世は無償奉仕の世!

新たな神示が出てきております。

gettr.com

最近神人さんはGETTERの方で活動されておりますので興味があるかたや御縁がある方はみてみると良いかと思います。
次の世は「無償奉仕の世」であるようです。
己、どこまでも他のために生かすよ、
他にお喜び頂くよう、おのおのよく考えることが課題して与えられる
ようです。
他は無限であります。


「許し合うこと大切でありますぞ。真の喜びは、互いに認め理解深めたところにありますのじゃ。道は違えど与えられた縁は必要ゆえのこと。そなた真知るため与えられていたのであるぞ。異なるもの知り、和すこと大きな変化であり、新たな喜び得られる仕組みでありますぞ。他は異なるものぞ。他は無限ぞ。ゆえに無限の喜び与えられて降りますのじゃ。違いは魅力ぞ。己に無いもの見させて頂いておりますのじゃ。草木、虫、獣、皆々同様ぞ。人に出来ぬ役目担い、世のため生きておりますのぞ。」
(大日月地神示後巻五十六より抜粋)

 死んで偉くなるものおらんのぞ。生きても死んでも御魂であるぞ。霊も人も同じじゃ。仲間ぞ。仲良ういたされよ。霊団霊人好き勝手ならん、させん世に変わりたのぞ。人民を支配いたすは悪魔の教え。悪魔新たな真世(まことよ)におられんのであるから、悪魔の教えも世から無くなるのぞ。ゆえに人民に悪自由は無いのであるぞ。宇宙因果の仕組みのみ。人民に自由奔放無いのであるぞ。今までのように好き勝手ならんのであるぞ。まこと神世の仕組み、人に厳しく、うれしうれしたのしたのし、ありがたいありがたい、生き物みなみな喜ぶあり方、仕組みに変わるのであるぞ。真世の仕組み喜べる人民、真人ぞ。苦しく思えるのはまだ洗脳されておる残像でありますぞ。神人共に参りますぞ。まこと神に感謝いたし生きる者、皆々神人ぞ。神霊人(かみひと)ぞ。
(大日月地神示後巻十四より抜粋)

「我さえ良ければ良いという人は居なくなります。」

「うれしたのしこわしかなし世の顕れとなった。」
全ては己が決めることであります。