拝むについて

・偶像拝む前に己の肉体様を拝んで生きなされ!
(肉体様(御身体様)は神の容れ物、地の大神様の分身)
・御身体、日々拝んで喜び頂くこと
・真の神拝むに「儀式儀礼はないの!」
(形にこだわらなくても良い、場所も時間も関係ない、拝みたいときに拝めばよい)
(儀式儀礼は悪魔の真似事!十人十色、百人百色、一人一人が特別!)
(真の神は自然、森羅万象、日月地星)
・真の神、日々拝むと、拝めば拝むほど喜びは深められる

拝むとは、
「感謝申し上げること」
「個々の働きを理解し尊ぶこと」

拝むとはについて簡単に書いてみました。
これからを考えると必要な知識になるかと思います。