今後の未来(私見)

神人霊媒日記(2021.7.27)~未来の自分との対話~
此方の方を読ませていただきました。
これも音読の方をさせていただきましたが、
正直な話、後半(終わり辺りで)涙がでてきて音読できなかったです。
大日月地神示でもありましたが、久しぶりにといったところです。

さて未来の自分が話しかけてくるは大日月地神示後巻にも書かれております。

今後ということで、大宇神示10の方を見てみると、
「人々は、意識をすっくりと入れ替えるように真実を受け入れねばならん時でありますぞ。
今までみなみな洗脳されてきたのじゃから、偽り払拭せねば、いつまで経っても真の景色は見えんのでありますぞ。
見慣れた景色は、手放し難いものよのう。
真の景色は見たくないと申して、嘘の景色で良いと申す者も多いが、何もかも手放すはさぞ寂しかろうぞ。
名前と住所も連絡先もすべて違うものに換えねばならんと申せば、みなみな氣が滅入るであろうぞ。
毒じゃ嘘じゃと申されようと、人はみな己の都合で決めるものぞ。
それゆえに救いたくとも救えん道理、お分かり下されよ。
悪魔らは、何百年何千年と人民も靈人もみなみな洗脳し続け、真受け入れられんように仕組みてから、他の銀河へと行かれたのぞ。」
(大宇神示10より抜粋)

今回の神人霊媒日記について理解できるかともいます。
言霊の事も考えると、海外の言葉は「流れ来るもの違いますのぞ。念、教え、靈力、皆々異なるぞ。」
という事もあります。
そもそも洗脳されていると気が付かなければ、
「そなたの心の器の中にある念の出所わからねば、いつまでも流れ来て飲み続けねばならんのぞ。喜怒哀楽すべてが身体に顕れますぞ。そなたが選んだ飲み物でありますから、誰彼悪く申されんのじゃぞ。」
という事になります・・・・。
神示を音読することの必要性が理解できてくるかもしれません。
(真を知らないとそもそも心に神映しできませんので!!)