勝つとは

他に勝つこと、真の喜びではないのじゃぞ。他に勝たせてやりなされ。他の喜ぶ顔観るのが真の喜びぞ。己の中に成りすまして出入りする魔に勝つことであるぞ。勝つとは、他を理解して感謝に至ることでありますのじゃぞ。喜び合うことでありますのじゃ。競い合いの世は終わるのぞ。他殺す奪い合いの教えは、終わるのじゃぞ。暫くは過去の残り香ぞ。
(大日月地神示後巻五十二より抜粋)

悪の中に隠しておるとは、悪の心を理解いたし因果悟らねば、神心、摑めぬのじゃ。
(大日月地神示後巻二十七より抜粋)

ひふみ神示には善悪抱き参らせともありましたが、
理解が出来てくるとなるほどと思うことが増えてきます。

やはり神示を音読して掃除洗濯する重要性を実感しております。