大日月地神示を読むと(私見もプラス

神人さんより、
【神人靈媒日記 2021.5.29】
〜大日月地神示〜
此方の方に神示を音読するとどうなるのか!というのが書かれておりました。
大変参考になるかと思います。

自身はひふみ神示から大日月地神示の方へ移り変わり音読した人間になりますが。
確かに初期の1となる「解毒の時期」は色々と感情的な物出てきたように思えます。
ひふみ神示ではなかったですが、大日月地神示を音読していると涙溢れることもありました。
それらは直ぐに終わりましたが・・・。
2.感謝の時期も経験しているように思えます。
怪我などしてしまうと肉体様にごめんなさいと思ってしまいます(御身体使わせていただいている靈人なので当然と言えば当然です・・・)。
日々朝に夜に御身体様に御礼申し上げるのも忘れておりません。
意外と3.覚醒の時期は凄いです。
靈感の覚醒ということになります。
まずは「近親靈」との交流から始まる。
次いで守護靈や指導靈といった高次元存在との対話へと移り変わってゆきます。
恐らくこの辺かな~とも思っています。
4は今からかかかっているか?そんな感じです。

3になると基本的に対話することになりますので、
自分はだれと対話しているのだろうかと思うことも多々あります。
もう少しで1年音読し続けたことになりますのでご参考になれば幸いです。