三十七(味、色、念)

これからのことであるぞ。
人は意の向け方学びて、あらゆるもの生み出せること理解深めて参るのじゃ。
身体も変わるぞ。
心のままにいかようにでも変われるのじゃ。
目瞑りて何思うか。
思いの世界、心の世界学びて、己に流れ来る念、思考の出所分かるようになりますぞ。
霊意識じゃ。
肉体意識から離れ、霊人としての己何者であるか、一つ一つ分かるようになりますのぞ。
心とは何か、はっきり分かる世に代わってゆくのじゃ、
心の中とは霊意識ぞ。
すべては心のまま靈の世界より顕れるから、心の世界、靈の世界分かれば、真喜び充ち満つ己となりますのじゃなあ。
人民も靈人も意の出所分かれば、己分かるのぞ。
己、何者であるか、己が分かれば、うれしうれしたのしたのし晴れやかとなりますぞ。
念、受け取れる器、心じゃ。
心とは、己が頂く念の容れ物であるぞ。
念、色々な所から流れて来ては、器に注がれますのじゃ。
甘いのも、辛いもの、苦いもの、酸いもの、塩からいもの。
赤青黄白黒、色々混ぜこぜいたされ、心の味、心の色、次々日々顕れますぞ。
皆々日々変わりますのぞ。
己、心の器の中にある念頂いて生きておりますのじゃ。
出所は色々あると申したなれど、
十二ある川より流れ来て注がれますぞ。
一つの川の元はさらに五つの川に分かれており、
さらに元は五つずつどこまでも分かれておりますぞ。
澄んだ水のごとき念頂けば澄んだ思いとなりて生きられますぞ。
念の流れ、皆々己で選べますのじゃぞ。
分かりたか。
そなたの心の器の中にある念の出所分からねば、いつまでも流れて来て飲み続けねばならんのぞ。
喜怒哀楽すべてが体に顕れますぞ。
そなたが選んだ飲み物でありますから、誰彼悪く申されんのじゃぞ。
じゃがちっとばかり裏ありますぞ。
隠れてこそこそと、人民らの心の器に流れる川に、
毒となる念撒いておりた者らがおりましたのじゃ。
長い間、皆々騙されて飲まされ続けておりましたのであるが、
人民騙されながらも旨い旨いと申して、喜んで毒飲み続けるようになてしまいましたのじゃ。
そのこと隠れて見ていた真知る者らが、
人民あまりに可哀想じゃからと申しお現れなされて、毒抜ける念をば川に撒き始めましたのじゃ。
ゆえに人の念変わり来て、
天晴れ清々しい飲み物となりましたのじゃが、
飲みたい者しか飲まれん薬であるゆえに、
毒に魅入られて飲み続けたい人民には、
薬が毒に思えてきますのじゃ。
己の心の中の念、
よくよく味おうて吟味なされよ。
真か偽りか、じっくり見極めなされ。
マコトに旨い神々様からの念、皆で頂きなされよ。
望めば頂けますのじゃぞ。
目醒める美味しさでありますぞ。
ありがたいありがたいうれしうれし神々様のお味じゃぞ。

個人的に気になっている個所であります。
念とは、味とは色とは・・・。
そのまま食にも繋がります。