小難に変わりた神世の始まり

大難を小難に変えてくれるように祈りなされとひふみ神示には書かれておりました。

万分の一、千分の一、百分の一と、
目の前に顕れておる苦は小難に変わりた神世の始まりぞ。
苦にお蔭落とさぬようにいたして下されよ。
皆々変わる過程にある点の苦の姿でありますぞ。
苦しみ悲しみ、感謝感謝に替えて下されよ。
大日月地神示二十八(2016.4.17)
に書かれた神示であります。

それからさらに時が過ぎ、
世は、暫くは大立て替え立て直しの時続くから慌しいなれど、
善きに変わるための過程であるから、何も心配要らんぞ。
人々の心の有様が問われておるだけじゃから、時、必要じゃな。
(2021.2.3)

靈界と人間界では1年ほどズレがあるようです。
9(神)、6(靈)、3(人)と見えないことにも順があるようです。
人間界もまずはピラミッドでいえば一番上から崩れていく(いっている)と思われます。
神、靈の世界で起こったことが起こるので人間界で起こっている事象を考えてもそのとおりになっているように思えます。