御魂の学び

他の心を学ぶことが、靈、人、共に与えられておる御魂の学びゆえに、
愛しむ学び始めからやり直さねばならん方々は。
再び己に見合うだけの学び出来る所まで降ろされるのじゃぞ。
一段ずつまた階段を上りなされよ。

新たな世はまだかと仕上げ急がすでないぞ。
急がすは己の改心、出来ておらぬ証拠じゃ。

掃除洗濯いたし改心出来た方々は、すでに天晴れうれしたのし喜びに生きておりますぞ。
そなたが喜びに生きれぬのは、他のせいではないぞ。
己の心、我良し慢心に曇りておるからじゃ。
未熟さゆえ他を悪く申して、
己の至らなさを隠し責任逃れしておるからでありますぞ。

真の世は、嘘は通らん見通しの世でありますのぞ。
心の中は全て透けてみられておりますのぞ。

個人的にもこの言葉は刺さります。
新たな世もそうですし、
我良し、慢心。
まだまだ掃除洗濯が必要なようです。

ひふみ神示を思い出せば、
かえりみる、はぢる、くゆる、おそる、さとる、の五つのはたらきを正しく発揮して、みそぎ祓いを実践せねばならんのぞ。
という言葉がありました。

大日月地神示でも神示読んでるから大丈夫と思うなよとも書かれております。
自分自身の感情なども審神者する必要があるかと思います。