掃除洗濯、因縁解消

過去の敵、親子兄弟にいたすことあるぞ。
因縁解消させるためであるぞ。
それも喜びであるのぞ。
苦しみの元である汚れ掃除洗濯いたすが、
真の生きる学び。
汚れ無い者、誰一人としておらんぞ。
身魂掃除洗濯いたし、磨けば皆々綺麗になるのぞ。
輝きて眩しく映るぞ。
日月神示後巻より抜粋。

 

これはひふみ神示にも書いてありましたが、
春の巻
第二十八帖
親子、夫婦、兄弟姉妹と生れても逆縁あるぞ。カタキ同士 結ばれることあるぞ。それは神の大き恵みぞ。それに打ちかって、新しき生命うみ出してつかへまつれ。体験ないところに宗教はない。

こうして並べてみてみると、
「苦しみの元である汚れ掃除洗濯いたすが、真の生きる学び」
とても深いお言葉であります。