地の立て替え立て直しとは

大日月地神示後巻の十九より抜粋、

「地の靈人、肉体人、皆々考え方改めさせ、真の教え学ばせ、神世に生かすこと申すぞ。」
と書かれております。
重要な点は「真の教え」でしょうか。

「衣食住医政教(いしょくじゅういせいきょうすべて変えて参りますぞ。」と別の個所に多数書かれております。
このことに関しては「今現在」の世の中「嘘、偽り」を知る必要があります。
大日月地神示後巻の最初の方に今現在デクラスされてきている情報についても述べられております。
「十一」など見て頂くと今が「理解」できるかと思います。
この十一が書かれたのが二〇一六年一月三日。
わかるでしょうか?
トランプ大統領が当選した年になります。

お金に関してはネサラゲサラなど、
どんどん表にでております。

霊界と人間界との間に「言葉」があります。
「音靈であります」
どのような靈と繋がるかは「言葉できまります」
顕在化させる素であります。
ゆえに、神示を読むことで良き靈と繋がることになります。
「響きの中に思考と感情すべてが込められております」
故に、「言葉」は慎重に選ぶ必要があります。
言はモノを生みます。