千億銀河から考える

 良いか。宇宙の中に在るのぞ。すべては在るのであるぞ。心とは、宇宙となるのぞ。大きい宇宙も小さい宇宙も、過去の宇宙も未来の宇宙も、すべて一つにもなり無限とも変わるのであるぞ。宇宙は幻と申す人民、そなたの肉体は幻であるかな。幻じゃと申すならば、そなたは何者であるかのう。良いか。宇宙は大神の肉体であり、宇宙は在るのであるぞ。真(まこと)、理解なされよ。宇宙に地のみ在るのでは無いのぞ。日も月も星々も、千億銀河在るのぞ。真の次元科学、学びなされよ。
(大日月地神示後巻四十七より)

千億銀河であります、
そしてこの地球がある銀河はアルシオーネ銀河と言われているようです。
この銀河が千億です。

 

ムの大神はウの大神となり、
ウの大神は「十二の多重次元世界」となり、
八の宇宙の大神となられた。

みたまとの対話で書かれておりますが、
宇宙は8つだそうです。
8個。
0から1、1から2、2から4、4から8と増えて来て、
この宇宙は4期目に生まれたもの。
0次元が1次元に変化し、2~12次元を生んだ。
0次元と1次元は表裏一体であり、始まりは無く。あくまでも変化である。

「それぞれの宇宙の大神は銀河の大神を産み出し、
銀河の大神は星の大神を産み出し、
星の大神は八百万の神々を産み出したのぞ。
皆々すべてが、ウの大神の中に産み出されましたのじゃ。
ムの大神は、ウの大神でもありますぞ。
ゆえに全てムの大神の心の顕れでありますのじゃ。
この道理、分かりたか。ゆえに初まりも終わりもなく変化あるのみぞ。
無限変化、無限進化、無限の渦でありますのじゃ。」
ここからみたまとの対話を読むと(川田先生との対話)
とても面白いですね。

宇宙は8つである。
その宇宙の大神が「銀河の大神を生み出し」、
銀河の大神が星の大神を生み出し、そして星の大神は八百万の神々を生み出した。

悟るには時間がかかりませんが、
足がかりとして記しておきます。

1年間、神示を読んで(私見

此方の方で日記を書き始めて1年が過ぎました。
最初はひふみ神示から入ったのですが、
まずこれを見た瞬間「これだ!」と読み始めたのは事実です。

正直読み始めた(音読)後、
声が聞こえ始めたのは確かです。
その後その声に従い神社参拝も始めました。
半年くらいは神社の方へ参拝させていただきました。
さて実際拝みに行った時「ひふみ神示」を祝詞しておりました。
(最初の最初は心の中で祝詞をしていましたが、途中から声に出してやり始めました)
「かけまくもかしこき伊邪那岐~」天津祝詞祝詞させてもらっておりました。
凡そ今年が明けて大日月地神示を読み上げるまでは大体休みの時には参拝しておりました。

大日月地神示後は「神」が理解できましたのでそれに関しては終わりました。
大日月地神示も本物かどうかなど考えたことは無かったのは事実です。
そのまま神示の続き以外の何物でもないのは実感できましたので、
日月神示後巻の途中それに関して書かれておりましたがなんで偽書等々思うのだろうと思ったものです。
さらにいえば自身の住んでいる土地は因縁がありそうな土地で天理系の建物は多いです。
天理、金光、黒住、妙連、大本。
少なからず絶対に因縁背負っていると実感できる県です。

実際思い付きは基本的に対話して実行するかどうかを決めるようになりました。
1年程度でありますが、面白いことに全然知らない声が聞こえてくることもあります。
そういった時は特に疲労を感じやすいのは確かです。

「心で悟る」まさにこの言葉通りでありますので、
神示に縁がある皆々様神示の音読をしていくと良いかと思われます。
ただし読んだからと言って「直ぐ」に心で悟ることは無いかと思います。
靈と関わる世界でありますので1年後の今の簡単な実体験を記しておきます。

真を学ぶ

「我良しの靈人らが企てる悪しきことは、すべて監視いたしておるから、いずれは皆捕まるなれど、靈人一人一人改心させるのはなかなか大変であるぞ。人民、真学ばねばいつまで経っても真分からぬし、真分からねば真の生き方出来ぬし、真学ばせたくとも学ぼうとせねば、いつまで経っても堂々巡りであるから、神人遣ってくどう申してきておるなれど、神示読める御魂もまだまだ少ないゆえ、ご縁ある人民殿、世にお伝え下されよ。
九分九厘は、読まぬ聞かぬ関わらぬと教え受け入れぬお人ばかりじゃが、一厘のお人、真学びて真の生き方致せば世は変わるのぞ。真人一人一人が足場となりて、靈団の力、次々と世に顕れて参るから変えられるのじゃ。人の力だけではどうにもならん。靈団靈人共に役目せねば真の力は出んのぞ。悪魔らはそのことよく分かりておって、神も靈も無きものと人民に刷り込んできたのじゃから、人民騙されるのも無理ないなれど、いつまでも悪魔に騙されたままではならんから、真の教え学びて下されよ。地の民みなみな、神示学んで下されよ。大日月地大神大靈団からの教えぞ。宇宙からの教えであるから、ご理解下されよ。」
(大日月地神示後巻五十四より抜粋)

まさに「今」求められている事ではないかと思われます。

魔と歓喜

「魔に囚われて下さるなよ。皆々必要であった学びでありますのじゃ。魔は人民同士争わせて人の歓喜の念奪い取り、悪魔出入りしやすい心の周波数に造り替えて、人民を好きなように思考操作いたし、世の乗っ取り企てて参ったのじゃ。」
(大日月地神示後巻二十五より抜粋)
「不和」と和これは大きなキーワードになるかと思います。

・〇「わ」(大日月地神示後巻二十七より)
この〇についてはひふみ神示に多く書かれておりました。

現在の世界情勢をみるとネガティブな思考状態になりやすいかとは思います。
「苦しみに慣れて生きて下さるなよ。苦しみ浄化いたして、喜びに換えて下されよ。」

悪(魔)と不和

・世のため人のためじゃと申しておるが、人の不和みて世の不和みて、腹は楽しんでおいでじゃなあ。地震は来ぬのか。噴火は起きぬか。天罰は起こさんのか。腹で申して、大難小難にと願う振り、見せかけ多いなあ。人民、悪に魅入られてまんまと使われておること、まだ気づかぬか。

 

・魔物は不和好むのじゃ。皆を苦しめ不安にさせるが喜びであるのじゃぞ。


・魔物は騙すのが得意であるから、魔物同士が騙し合い競い合いいたし、見て楽しんでおるのぞ。何より不和好むのぞ。


・世の雛形、揉め事の種、不和の仕組み、皆々様方に長い間お見せして来たのじゃぞ。何百年も悪魔の仕組み見せてきたのじゃぞ。


・これまでの揉め事、教え、不和とある念、すべて洗い流して下さいませ。魔に囚われて下さるなよ。皆々必要であった学びでありますのじゃ。魔は人民同士争わせて人の歓喜の念奪い取り、悪魔出入りしやすい心の周波数に造り替えて、人民を好きなように思考操作いたし、世の乗っ取り企てて参ったのじゃ。

 

・悪の中に隠しておるのぞ。悪も善も神の目からは無いのであるが、人民の目からはあるのであるぞ。必要であるのぞ。区別つけねば、人民見極め出来ぬのぞ。屁理屈申すでないぞ。粗捜しばかりの人民、魔に遣われて不和産み出す僕となっておるのぞ。そなたの理屈も粗捜しされて、皆に悪く申されるゆえ、いよいよ苦しくなるぞ。みな御魂相応に顕れるぞ。気つけおくぞ。己の心顧みよ。魔、棲みついておりますぞ。

 

・悪、人陥れるやり方、不和好むぞ。親しき振りして忍び寄りて、そなた取り込むぞ。感情支配いたすから気つけよ。弱みつけ込んで、そなた陥れるぞ。物に弱ければ物で、人に弱ければ人で、色に弱ければ色で、そなたを取り込みて魔から逃れられぬようにいたすやり方じゃから、気つけねばならんぞ。取り込まれるは取り込まれるだけの元あるからぞ。

・和すとは、他を理解するように努めることぞ。粗捜しいたして不和要らんぞ。いつまでも善の悪、繰り返す出ないぞ。

 

・神示、読んでおるから安心ではないのぞ。慢心、そなたにまだあるから、不和不幸となりますのじゃ。

 

・我さえ良ければ良いとする不和なる教えは、魔の教えであったのぞ。他を愛しみ他喜ばす教えが、真の教えでありますのぞ。

 

・善の振りし味方に成りすまし忍び込み、仲違い企て不和にいたす悪おるぞ。魔の僕とは、人の不和喜ぶ者たち申すのぞ。嘘は上手なれど、嘘の笑顔に負の念が溢れておりますぞ。

・「悪しき思いある者、魔の足場となりて不和広げる企ていたすから気つけよ。成りすまして紛れ込んでまいるから騙されるでないぞ。よくよく見極めて、善行へと上手く導いて下され。悪しき思いは寂しさからじゃ。報われぬという思い込みの残像じゃぞ。自己を否定いたし、己特別な者になりたいという顕示欲の現れでありますのぞ。自分大切に出来ぬと、自分虐めいたし苦しむのぞ。」

 

・「一時(いっとき)の怒りに操られるでないぞ。囚われ続けるでないぞ。魔の誘いじゃ。怒りに慣れると他を悪者にいたし、不和広げること、己を正当化する癖、ますます大きくするのじゃぞ。言葉、気つけよ。もの生むぞ。もの壊すぞ。もの失うぞ。言葉となる前に思考あるぞ。感情あるのじゃ。己が選ばねばならんのじゃぞ。選ばねば、いいように操られるぞ。しっちゃかめっちゃかにされるのであるから、魔の囁きに心許すでないぞ。言葉、くれぐれも気つけなされよ。言葉、選びなされよ。己を高めるとは、念(ねん)言(げん)行(ぎょう)、選ぶことでもあるのじゃ。」

 

6月17日の悪魔悪霊を介入させない生き方を読み、
思うこともありましたので悪と不和について神示内よりピックアップしてみました。
ご参考までに。

靈体が喜びと繋がらなく原因

タイトル通りになります。
靈体が喜びと繋がら無くなれば、靈体エネルギーが弱くなり、結果
肉体の免疫力が弱まり、肉体、遺伝子的に弱い箇所が苦しみ始める、
そして病気から病体となってゆく。
病体になると直すのに時間がかかる。
(怪我や感染等の外的要因でない限り、病気は靈体エネルギーが弱くなった結果によるもの)
①己の「思い込み」によって喜びより遠ざかってゆく場合
②肉体的な苦しみによって喜びより遠ざかってゆく場合
③生きている人、動物・環境より負の念を受け続けた場合
④靈存在より負の念を受け続けた場合等になります。

病治しは、喜びへと意識を向け続け、靈体エネルギーの向上させることが根本的な治療となる。

御身体さま

神人さんのデトックスを拝見しました。
今回は知っておくべき御身体さまについて。
御身体は大神の分身様であります。
地の大神分御霊、肉体様がお宮であります。
故に、御身体拝めぬ者、神拝めぬ者と同じであります。
御身体様には日々感謝することが必要です。

キリスト拝んでも救われぬぞ、己、拝みなされよ。
己、キリストぞ。仏ぞ。神の御身体、与えられておりますぞ。
真、拝みなされよ。ゆえに喜び溢れ出てきますのじゃ。

デトックスについては「改心」が必要になってくるように感じております。
現在多くの方々が「神」について理解しておりません。
自然、森羅万象一切であります。
日月地星でもあります。

神について勘違い、取り違い、思い違いすると喜びからは遠ざかってしまいます。
世の立て替え立て直し、まずは拝む教えからでございます。
拝むとは、感謝申し上げること。
個々の働き理解し尊ぶことであります。

御身体を理解することはとてつもなく重要であります。